ご購入はこちら!

HOME > 8分で簡単!大貴の美味しいレシピ > ひら天で、おいなりさん

8分で簡単!大貴の美味しいレシピ

No. 15

ひら天で、おいなりさん

カテゴリー:ひら天

ひら天で、おいなりさん

大貴では四角くて他の具材を混ぜ合わせていない、
すり身のみの天ぷらを「ひら天」とよんでいます。
今回はひら天を、誰もが好きな「おいなりさん」のアレンジに使ってみました。

頬張るとお揚げさんから、じゅわっと甘めの出汁が一気に酢飯と交わり、なんとも幸せなこと!
今回はお揚げさんの代わりに、あえてひら天でトライしてみました。

中の具は、お好みの食材を入れてください。もちろん、酢飯を使っても美味しいです。
ガラッとお味を変えるなら、ブイヨンでひら天を炊き、
ケチャップライスを入れるのもアリですよ !

大貴の天ぷらは、油揚げのように湯通ししなくてもいい、
新鮮な油を使っていますので、脂っぽい仕上がりにはなりませんよ!

材 料 2人分

  • ひら天3枚
  • ごはん1杯(150g)
  • ◯中の具材は、お好みで
  • しょうが煮のきざみ
  • 塩ひじき
  • 味付けごま
  • (調味料)
  • 砂糖大さじ2
  • しょうゆ大さじ2
  • みりん大さじ2
  • だしの素小さじ 1/2
  • カップ 1/2
image3

1.ひら天を、包丁で対角線に添って、2つにカットします。 切り口に包丁の刃先を差し込み、切り離さないよう、縁を残すように注意深く、切り込みを入れる。


ひら天のおいなり

2.鍋に全ての調味料を入れ、火にかけます。


ひら天のおいなり

3.沸騰したら、切り込みを入れたひら天を、できるだけ重ならないよう並べ入れ、 落し蓋をして、中火で水分が1/3位になるまで、煮る。


ひら天のおいなり

4.ご飯を半分に分けて、片方には、きざんだしょうが煮と、いりごまを混ぜ、一方には、塩ひじきといりごまを混ぜ合わせます。


ひら天のおいなり

5.手に持てるくらいに冷めたら、切り口を広げ、4.の混ぜご飯を3当分にして押し込み、お皿の上で、自立出来るよう、形を整えます。

このレシピで使用した商品

ご注文・お問い合わせはお気軽にご連絡ください!
大貴かまぼこ
ページの先頭へ